SUMS EDGE-NEXT

JP EN

イベント・セミナー

開催日:2021年07月24日 セミナーワークショップEDGE-NEXTプログラム

2021年度EBIAヘルスケアプログラム~医療とアートの魅惑のビジネスマッチング~

本プログラムは、世界が直面している最重要課題を解決するためのアイデア創出と社会実装に向けた実践的教育の一環として、「医療現場の課題×技術シーズ×アート」による新規ビジネスの創出を目指します。

講座概要:
ヘルスケア分野における、アントレプレナーシップの醸成(教育)から新規事業(ビジネス)創出までをイノベーションとアート&デザインで達成できる人材育成を目指すべき姿として、医療分野での新規事業を効率的に創出するための手法等を体系的かつ実践的に習得することで、当該分野に挑戦するアントレプレナーを増やし成功確率を高める。

開催概要

■主 催:Skyward EDGEコンソーシアム

■対 象:学生、社会人
※学生はSkyward EDGEコンソーシアムの滋賀医科大学、東京理科大学、山形大学、多摩美術大学、早稲田大学に所属する学部/修士/博士課程学生、医療現場のイノベーションに関心のある学生を対象とする。
※社会人は先行して別途募集しております。
※参加者は大学ごとに募集しています。以下の申込フォームからは、早稲田大学の学生からのみお申込みを受付けています。

■定 員:16名程度
※定員を上回る場合は選考にて決定いたします。

■参加費:無料

■申し込み締め切り:6月15日(火)16:00

https://waseda-edge.jp/event_detail_2021?id=20210724_v02

 

開催日:2022年02月04日 募 集トピックスEDGE-NEXTプログラム

第5回SUMSピッチコンテストのご案内(エントリー募集開始)

第5回目を迎えましたSUMSピッチコンテストのご案内、エントリー募集を開始します。

今年度も産学連携活動の推進の一環として、SUMSピッチコンテストを開催し、皆さまが

お持ちのアイデアを実用化に向けて推し進める第一歩とし、プレゼンのブラッシュアップ

や滋賀テックプラングランプリへのエントリー支援を実施します。

日時:2022年2月4日(金) 17:00~19:30

場所: リップルテラス2F 会議室1

エントリー対象者:滋賀医科大学に在籍する教職員・学生を代表者とするチーム (又は個人)

エントリー期間:2021年11月15日(月) ~12月15日(金)17時まで

ブラッシュアップ期間:エントリー終了後~約1ヵ月(外部専門家によるブラッシュアップ)

エントリー方法:エントリーシートに記入して提出(Word版は問合先まで請求してください。)

審査方法:学内外の審査員により審査

審査基準:① 課題設定の斬新さ(独創性)、② 社会ニーズへの合致度、③ 解決策アイデアの

斬新さ・具体性、④ 顧客設定の適切性、⑤ プレゼン態度(パッションの強さ)

表彰:最優秀賞、優秀賞、優良賞 各1チーム

受賞者には学外の滋賀テックプラングランプリへのエントリーをしていただきますが、それに

向けた支援を行います。

 

問合先&エントリーシートWord版請求先

*******************************************

研究戦略推進室 産学連携推進部門

松浦昌宏(内線2936)

E-mail: m18matsu@belle.shiga-med.ac.jp

*******************************************

 

案内ポスター&PDF版エントリーシート

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

開催日:2022年02月09日 セミナーワークショップ海外研修募 集EDGE-NEXTプログラム

国際研修プログラムのご案内(オンライン)受講生募集

「グローバルスタンダードになっているスタートアップの
手法」について、カナダ・オタワ大学のHanan Anis教授
からオンラインで直接講義を受けます。研究テーマ立案や
研究費申請にもヒントになるかも知れません。

受講生募集します。(申込〆切:2022年1月31日(月)
までに松浦宛にご連絡ください。)

受講方法:大学施設内もしくは自宅からのオンライン聴講
(使用言語:英語)

第1回:2022年2月9日(水)9時~10時(日本時間)
デザイン思考
現状の課題を再定義し、その課題に対して解決策を見つ
けていく考え方を学びます。

第2回:2022年2月23日(水・祝)9時~10時(日本時間)
顧客開発
上記の解決策に対して、それを欲しい/使いたいと思う
お客さんを見つける、あるいは欲しい/使いたいと思う
ように誘導する手法を学びます。

第3回:2022年3月2日(水)9時~10時(日本時間)
ビジネスモデルキャンバス
スタートアップ(ベンチャー企業)を作る際に、
キーとなる項目を学び、それぞれの意味と関連性を
学びます。

※各回のテーマは予定です。全体ではこれら全てをカバーします
が、各回のテーマは講師の都合で変更になる場合もあります。

Professor Hanan Anis of the University of Ottawa, Canada will give us
lectures and workshops on skill-set and mindset for the global standard
startup directly with online.  These may also be a hint for research theme
planning and research funds application.

I will call for the participants. (Application deadline: January 31, 2022
(Monday). Please contact me.)

How to attend: Online attendance at university facilities or from home
(Language: English)

1st day: February 9, 2022 (Wednesday) 9 am-10pm (Japan time)
Design thinking
Redefine the current problem and find a solution to that problem
Learn the way of thinking.

2nd day: February 23, 2022 (Wednesday / holiday) 9:00 to 10:00 (Japan time)
Customer development
Find customers that they want/want to use the above solution.
Learn how to guide them.

3rd day: March 2, 2022 (Wednesday) 9:00 to 10:00 (Japan time)
Business model canvas
Learn the key issues and its meanings when you develop a startup
(venture company)

* Each theme is planned. The whole covers all, but the content of each day
may change due to the instructor’s convenience.

*******************************************
研究戦略推進室 産学連携推進部門
松浦昌宏(内線2936)
E-mail: m18matsu@belle.shiga-med.ac.jp
*******************************************